お金がない、お金を借りる、お金を借りたいと考える方のための、カードローン・キャッシング情報

金ブログ|お金がない人に向けたカードローン情報まとめ

cardloan

カードローンの審査基準に関係するスコアリングについて

投稿日:

カードローンの審査基準は基本的には各社それぞれ違ったものであり内密とされていますが、ある程度の共通した項目などがありそれを知っておくと申込み時などに便利になります。

昔などは担当者などの勘なども審査時に用いられていたという噂もありますが、最近ではビッグデータなどの活用から色々な審査基準が機械的に判断や評価される傾向があります。

最近のカードローンの審査ではスコアリングというものが用いられることがあり、これは各種色々な借り手の属性を点数化して合計点数が基準を満たしていれば審査通過となります。この場合に用いられるスコアリングは、大体該当する会社独自のものであり、一般的に言われる信用情報とはまた少し違ってくることもあります。

信用情報は信用情報機関を通じて他社と共通している情報を審査基準として用いるのですが、スコアリングに関しては自社の実績から導き出された独自のものを用いて点数化します。

スコアリングに関する項目としては、やはり返済能力に関わる職業、勤務年数、年収などは重要なものとなります。職業に関しては正社員などは安定した年収となりスコアが高くなりますし、特に公務員や医者などはさらに高いスコアになります。

反対に非正規雇用の方などはスコアが下がりますし、さらに自営業などは非正規雇用などよりも低くなる可能性はあります。

勤務年数に関しては各社で違ってくるのですが、おおよそ5年ほどの勤務年数があると高いスコアになります。6ヶ月未満の場合だとほとんどの場合でスコアが下がるのは仕方ないでしょう。

年収に関しては400万円以上で高くなり、200万円以下で低くなるので、これらのスコアリングなどは比較的分かりやすい項目となっています。

街金で借りるためには給料はいくら必要?どの程度の給料なら借りられるのか|サラ金・街金でお金を借りる|安心消費者金融情報
https://www.bineshemotahar.com/machikin/kyuryo.html

その他のスコアリングの項目としては健康保険の種類や、住居形態などがあります。健康保険は公務員の共済組合などが高く、次いで組合健保、社会保険、国民健康保険という順番になっています。住居形態ですが、やはり持ち家があり家族などと同居している方が、よりスコアリングとして高い評価になります。

このようにスコアリングの項目としては、やはりキャッシングやカードローンで共通に用いられるものが多く、返済能力の有無が審査基準として重要になります。ビッグデータやAIなどを活用してこれらスコアリングに活かしているカードローン会社も増えてきました。

もちろん信用情報に記載されている金融事故などの情報も同時に審査基準として扱われるために、カードローンの審査時にはスコアリングと信用情報の両方に気をつけることが必要になります。

スコアレンディング | スコアレンディング(商品) | J.Score(ジェイスコア) - 日本初、AIスコア・レンディング、始まる
https://www.jscore.co.jp/lending/

-cardloan

Copyright© 金ブログ|お金がない人に向けたカードローン情報まとめ , 2019 All Rights Reserved.