キャッシングの5年返済は選ぶべきか?

キャッシングには5年返済プランを用意しているところが少なくありません。高額融資となれば返済に時間がかかるので、3年以上の返済期間を設けているのは普通でしょう。少額融資の場合は、数ヶ月で完済することも可能ですが、返済した直後に借りることができるという性質から、完済までに5年以上かけることも可能なのです。

 

特にカードで借りるタイプですと、コンビニATMでいつでも好きなときに借りることができますので、借りて返済するということを繰り返すことでしょう。すると、完済までに10年以上かかることもありえるのです。そのため、キャッシングの商品概要に記載されている返済期間というのは、ほとんど意味のないものだと考えていいでしょう。

 

ただし、フリーローンのように繰り返し借りることができないタイプであれば、目的ローンのように3年、5年返済といった期間を選ぶことができます。カードがなければ、コンビニで借入・返済することはできませんので、口座引き落としによってコツコツと返済していくことになるでしょう。

 

口座引き落としの場合は、毎月定額返済をしていく方法になり、追加融資は受けられません。そのため、3年、5年といった期限設定をして返済していくのに適しています。

返済はなるべく負担を減らして進めたいので、余裕のあるように5万円から10万円の借り入れに留めておくと良いのです。