カードローンの種類とそれぞれのメリット

カードローンには、大きく分けて3つの種類があります。銀行系と消費者金融系とクレジットカード系です。この3種類のカードローンには、それぞれ異なるメリットがあります。

 

まず銀行系ですが、これは総量規制という法律による縛りがない点がメリットです。総量規制とは、貸金業者は個人に対してその年収の3分1までしか融資してはならないという法律です。銀行系はこの法律の対象となっていません。そのため高めの利用限度額となり、多くのお金を借り入れできるのです。借り入れ金額が多い分、低い金利が適用されることもメリットです。

 

次に消費者金融系ですが、これは審査に非常に通りやすい点がメリットです。基本的に収入のある人なら、申し込み用紙と運転免許証などの身分証明書を提出するだけで、審査に通ることができます。収入の安定していないフリーターでも利用が可能なのです。審査時間も30分程度と非常にスピーディです。

 

そしてクレジットカード系ですが、これはクレジットカードに付帯しているカードローンサービスです。カードショッピングができるだけでなく、必要に応じてATMで現金を借り入れすることもできるのです。金融機関への借金の申し込みではなく、クレジットカードの一機能として気軽に利用できる点がメリットです。

クレジットカードとしても使える消費者金融のカードならアコムで作れるACマスターカードが便利です。