お金がない、お金を借りる、お金を借りたいと考える方のための、カードローン・キャッシング情報

金ブログ|お金がない人に向けたカードローン情報まとめ

cardloan

カードローンでお金をおろせない時の原因とは

投稿日:

カードローンを利用しようと思ってATMに行った時に、ある日突然画面に「ご利用できません」と表示されてお金がおろせなくなることがあります。

これはカードが利用停止になっていることが考えられますが、どうしてこの様なことが起きるのか、理由にについて幾つか紹介します。

返済が遅延している

カードローンは期日までに返済することが条件でお金を借りるサービスです。しかし誰にでもついうっかり、ということがあります。直前まで返済しなければと思っていても、急用が入ってずっと外出していた、ということもあるでしょう。

カードローンの場合、返済が遅れるとメールや電話で必ず連絡が来ます。申し込み時に記載した連絡先以外に、両親の家や職場に電話がくることもあります。しかしそれでもタイミングが悪くて連絡が取れないままだと、急に利用停止になり、お金がおろせなくなってしまうことがあるのです。

カードローンの返済が遅れると、ブラック入りしてしまうという情報は良くありますが、本当に事情があったりついうっかり、と言うのは誰にでも起こり得ることです。

その為に、金融会社としても、初めて遅延したり、年に1回あるかないかならば、寛容に対応してくれます。自分から連絡をして指定された口座に振り込み手続きを行えば、利用停止を解除して貰えるのです。

但し、これが何度も続くと常習者と見なされてしまい、残りの金額をきちんと期日までに返済しないと利用停止解除にならないこともあります。

総量規制オーバーをしている

消費者金融系のカードローンの場合、総量規制により年収の3分の1までしか借りられないことになっています。

複数社のカードローンを利用している場合、他社のカードローンの借入れ残高が増えてしまい、年収の3分の1を超えてしまうと総量規制オーバーとなり、利用停止になってしまうのです。この場合、借入残高が年収の3分の1未満になるまでは、返済専用カードとしてしか利用できなくなります。

利用状況が不安定である

カードローンには利用限度額というのがあり、限度枠内であれば追加借り入れができるものです。 しかし、常に利用限度額いっぱいに借りていて、しかも他社借入れも同じ状態だと、多重債務をしているのではないかと思われてしまいます。

金融会社のリスク管理機能により、借入残高が利用限度額内であっても、利用停止されてしまうことがあるのです。

クレジットカードや携帯電話の料金を滞納している

カードローンをする上で審査対象となるものに、クレジットカードや携帯電話の支払い状況があります。

申込み時にこれらが滞納していると審査に受からず、審査に受かってからも支払状況は金融会社によりチェックされています。

クレジットカードの利用代金の支払いが遅れたり、携帯電話の端末機器の分割支払いが遅れたりすると、遅延履歴が信用機関に記録されてしまい、カードローンが利用停止になってしまうケースもあります。

この他にも申し込み時に虚偽の報告をしたことがバレたりしても、利用停止になることもあるのです。

カードローンでお金がおろせない時には、ついうっかり支払遅延をしていないかを確認してみましょう。

-cardloan

Copyright© 金ブログ|お金がない人に向けたカードローン情報まとめ , 2018 All Rights Reserved.